アルバイト・パートタイマーの労働時間について

Q.アルバイト・パートタイマーの時間外勤務、休日勤務について教えて下さい。


A.時間外勤務とはアルバイト・パートタイマーであっても一般の社員と同様、休憩時間を除き1日につき8時間、1週間について40時間を超えて労働させることです(いずれの制限を超えても時間外勤務)。このいずれかの制限を超えた場合にのみ、割増賃金の支払い義務が発生します(変形労働時間制の場合は、企業で定めた労働時間を超えた場合)。
 また、休日勤務とは、原則的に週1日の定められた休日に労働させることです。したがって、週休2日のうちの1日について労働させた場合には、休日労働の割増賃金(3割5分増)を支払う必要はありません。ただし、この場合でも1週間について40時間を超える場合は時間外労働の割増賃金(2割5分増)を支払わなければなりません。
 例外として、業務の都合により必要がある場合には、特定の4週間に4日以上の休日を与えることができます(1週は原則的に日曜日から土曜日まで)特定のというのは会社があらかじめ定めた期間です。その期間については、例えば前半の2週については休日はなく、後半の2週で4日間の休日を設けることができます(変形休日制)。
 ただし、アルバイト・パートタイマーに時間外・休日勤務をさせる場合は、労働契約の際に
@「時間外・休日労働の有無」を含めた労働条件を明らかにした文書(雇入通知書など)を交付する。または、
A上記のことを定めた就業規則を明示する。
必要があります。現在、雇用しているアルバイト・パートタイマーについては、雇用契約の変更として同様の手続きが必要になります。