アルバイト・パートタイマーの労働時間について

Q.アルバイト・パートタイマー等の短期間雇用者でも休日の振り替えはできますか?

A.アルバイト・パートタイマーについては「本人の同意」がないと休日の振替えは認められません。同意を得て休日を振り替えた場合に、1週1日または4週4日の休日を満たしていれば休日労働の割増賃金(3割5分増)は必要ありません。しかし、休日を別の週に振り替える等で、1週の労働時間が40時間を超えるような場合は時間外の割増賃金が必要になります。

休日出勤をした場合の対応については、
@週内で休日を振り替えただけであれば、割増賃金の支払いはしない。
A週をまたいで休日を振り替えた場合は、1週の労働時間が法定労働時間を超過した分について時間外の割増賃金(2割5分増)が発生します。
B休日の振替をせずに、休日勤務をした場合について、
a.1週1日または4週4日の休日を満たしていれば、時間外の割増賃金(2割5分増)が必要です。
b.1週1日または4週4日の休日を満たせなければ、休日労働の割増賃金(3割5分増)が必要です。

 しかし休日の振替は休日を特定した場合に行われるものです。一般的な企業では就業規則に休日を特定していますが、労働基準法では休日を特定すべきだとは定められていません。つまり雇用契約時に「毎週1日の休日を与える」というように休日を特定せず、毎回事前に通知するということも可能です。