退職金の廃止について

Q.現在在籍している社員の退職金規定をそのまま運用しつつ、新規に雇い入れる者につ
いて退職金を支給しないと定めることは可能でしょうか?


A.新入社員を雇い入れる際、雇い入れ通知書に退職金の支給が無い旨を明記し同意を貰う必要があります。これは、退職金を支払うと記入しないだけでは、既存の社員に退職金規定が適用されている場合、退職金を支払う慣例があると認定され、新入社員にも退職金を支払う義務が発生する恐れがあるからです。
 退職金を労働者ごと個別に変更する事も可能ですが、基本的には労働条件に差が生まれるのは好ましいこととは言えないので、不公平や格差が問題とされる場合があります。
しかし、退職金を減額もしくは無しにする場合、時間給や月給を増額する事などを条件に個別に契約する事は可能です。この場合、退職金の前払いと考えられるので各労働者の格差がなくなっていると考えられるためです。「前払いか退職時に受け取るか」を労働者側に選択させることが可能であれば、より好ましいのではないでしょうか。