高年齢雇用継続給付金の受給要件と受給額について


Q.60歳で退職せず継続して会社で働くことになっています。賃金は下がるらしいのですが、そのような場合、高年齢雇用継続給付金を受給することができると聞きました。
その受給要件と受給できる金額を教えて下さい。

A.60歳以上65歳未満の一般被保険者であって、被保険者であった期間が5年以上ある者が60歳時点より75%未満に賃金が下がった時に高年齢雇用継続給付金を受給することができます。具体的には以下の通りです。

  1.受給資格

   (1)60歳以上65歳未満の一般被保険者
   (2)被保険者であった期間が通算して
5年以上
      (3)賃金が60歳到達時賃金の75%未満

   2.受給額

   (1)賃金が60歳到達時賃金の61%未満に低下したとき
      受給額=支給対象月の賃金×15
   (2)賃金が60歳到達時賃金の61%以上75%未満に低下したとき
           賃金の15%から労働省令で定める一定の割合で減じた率を乗じた額

    3.受給期間

    被保険者が60歳に達した日の属する月から、65歳に達する日の属する月まで

    4.支給制限がされる場合

   (1)支給対象月に支払われた賃金が346,244円以上あるとき
      →全額支給停止
   (2)支給対象月に支払われた賃金と受給額との合計が346,244円を超えるとき
      →
346,244円を超える部分について支給停止
      (3)受給額が1,688円以下であるとき
      →全額支給停止

   ※高年齢雇用継続給付金の上下限額は毎年81日に改定されます。