継続雇用制度奨励金(第1種第1号)について


Q.会社を経営しています。60歳以降の希望者全員を65歳まで継続して雇用しようと思います。このとき“継続雇用制度奨励金(第1種第1号)”を受給することが出来ると聞きました。その内容についてお教え下さい。


A.下記にお答えいたします。
1 助成金のポイント

継続雇用の推進と定着を図ることを目的とし、希望者全員を65歳以上まで継続して雇用する制度を導入した会社に支給します。
継続雇用制度を導入した日の翌日から起算して6ヵ月以内に行ってください。

 貰える要件は

1.第1回支給対象

 ・就業規則で60歳以上の定年を定めていること
 ・
就業規則で65歳までの継続雇用制度を導入すること
 ・
継続雇用制度を導入した日に、1年以上雇用されている55歳以上65歳未満  の雇用保険被保険者が1人以上いること

2.第2回以降支給対象

  ・継続雇用制度を引き下げてないこと
  ・
継続雇用制度の適用を受けた人を解雇させてないこと
  ・
継続雇用制度の適用を受けた1年以上雇用されている被被保険者が1名以上
   いること。
    (60歳以上65歳未満の方がいること)

   (100名以上の会社は、100名増加するごとに1名必要)

3 いくら貰えるの

企業規模と導入する制度によって支給額が違います。

  ● 企業規模 1〜9名

    64歳までの定年延長等           35万円×1〜4年
    65歳以上定年延長等            45万円×1〜5年
    定年延長等以外の継続雇用制度        30万円×1〜5年

  ● 企業規模 10〜99名

    64歳までの定年延長等           75万円×1〜4年
    65歳以上定年延長等            90万円×1〜5年
    定年延長等以外の継続雇用制度        60万円×1〜5年

  ● 企業規模 100〜299名

    64歳までの定年延長等          150万円×1〜4年
    65歳以上定年延長等           180万円×1〜5年
    定年延長等以外の継続雇用制度       120万円×1〜5年

  ● 企業規模 300〜499名

    64歳までの定年延長等          185万円×1〜4年
    65歳以上定年延長等           220万円×1〜5年
    定年延長等以外の継続雇用制度       150万円×1〜5年

  ● 企業規模 500名以上

    64歳までの定年延長等          250万円×1〜4年
    65歳以上定年延長等           300万円×1〜5年
    定年延長等以外の継続雇用制度       200万円×1〜5年

4 コメント

継続雇用制度導入は、どこの企業ももはや避けては通れない問題です。団塊の世代の方たちが60歳に到達するのも間近です。

早くこの制度を導入した会社には、助成金を支給しましょう、という厚生労働省のメッセージです。60歳以降の方の賃金を引き下げる場合の補助は、雇用保険からは「高齢者雇用継続給付」の制度が用意されています。厚生年金の方は、給与が下がれば、年金が多く出る「在職老齢年金」の仕組みも用意されています。どうぞ活用して下さい。

5 取扱いはどこの役所

財団法人 高年齢者雇用開発協会です。

6 その他

将来、この助成金はなくなることが予想されます。