高年齢雇用継続給付金の受給資格について


Q.60歳到達まで正社員として働き、60歳以降はアルバイトとして再雇用された場合でも、賃金が60歳到達時の75%未満であれば高年齢雇用継続給付金は受給できるのでしょうか?


A.雇用形態がかわり、労働時間が短くなったり給与が下がったりした場合でも、受給資格さえ満たしていれば高年齢雇用継続給付金を受給することができます。


  受給資格 (1)60歳以上65歳未満の一般被保険者
         (2)被保険者であった期間が通算して
5年以上
        
 (3)賃金が60歳到達時賃金の75%未満

ただ、アルバイトやパートの場合、雇用期間が限定されたり、労働時間が正社員に比べ短いケースがありますが、(1)の要件の雇用保険の被保険者であるためには、1年以上雇用される見込があること(※)、労働時間が週20時間以上であることが必要です。つまり1年も経たないうちに雇用契約が切れ更新される見込がない、あるいは週20時間も働かないという場合には雇用保険の被保険者にはなれませんので、高年齢雇用継続給付金を受給できないということになります。

※1年以上雇用される見込
 雇用契約が3ヶ月であっても更新の予定があり1年以上雇用されると見込まれる場合は可。