遺言書の種類について


Q.遺言書にはどんな種類があるのですか?


A.遺言書は、正式な手順で作成されたものでないと無効です。適当に紙に書いて残し
  たとしても無意味になります。


遺言書は、大きく分けると普通方式特別方式に分けられますが一般的に使われるのは普通方式です。特別方式は、遭難した船の中で死亡の危急が迫ったときや伝染病のときなどに使われる方式になります。


さらに、普通方式の遺言書には、@自筆証書遺言A公正証書遺言B秘密証書遺言の3種類があります。これらを区別しているのは作成方式と保存方法の違いです。


たとえば、自筆証書遺言は本人が書くのに対して、公正証書遺言は公証役場にいる公証人が書くというふうに、それぞれ遺言書の種類によって作成方法や保存方法が違っています。


ただし、きちんと遺言書を残したいのであれば公正証書遺言で残すべきでしょう。3種類の中で公正証書遺言が最も紛失や偽造の恐れがありません。


公証役場にいって作成することになるので、手間と費用はかかりますが相続争いを避けられるとすれば大した問題ではないかもしれません。


   ※普通方式の遺言書の種類と特徴

種類 自筆証書遺言 公証証書遺言 秘密証言遺言
作成
方法
本人が遺言の全文・日付
(年月日)・氏名等を書き押印(認印可)する。
※ワープロ、テープ不可
本人が口述し、公証人が筆記する。
※必要書類
●印鑑証明書
●身元確認の資料
●相続人等の戸籍謄本、登記簿謄本
本人が遺言書に署名押印の後、遺言書を封じ同じ印で封印する。
公証人の前で本人の遺言である旨と住所氏名を申述する。
公証人が日付と本人が申述した内容を書く。
※ワープロ、代筆可
場所 自由 公証人役場 公証人役場
証人 不要 証人2人以上 証人2人以上
署名・
押印
本人 本人、公証人、証人 本人、公証人、証人
家庭裁判所の検印 必要 不要 必要