独身者に相続が発生した場合について


Q.現在、晩婚化が進んでおります。結婚しないままここまで来てしまいました。私もそういう状況で資産としては、脱サラして起こした事業が幸いにも当たりまして、お陰様で一財産を形成することと相成りました。

そこで、教えていただきたいのですが、私には先に申したように妻も子供もいない状況です。

さらに、最近、父に続いて母も他界しております。このような状況において、もし私に何かあった場合に、私の財産はどうなるのでしょうか。

兄弟は、姉が一人、その姉には二人の子供(甥・姪)がおりまして、もし養子にすれば、甥のことはすごくお気に入りですので、姉も賛成しておりますので、検討したいと思っております。宜しくお願いします。



A.
1.現状(養子縁組みなし)で相続が発生した場合

法定相続人は、姉一人となり、基礎控除としては、6,000万円(5,000万円+1,000万円×1人)です。
遺産総額が6,000万円を超えるような場合は、相続税の申告が必要となるでしょう。

あなたがお亡くなりになられた時は、財産はすべてお姉さんが相続することになります。
相続税では、被相続人(あなた)の一親等の血族及び配偶者以外の人が財産を引き継ぐ場合には、20%加算されます。

したがって、お姉さんは財産を相続される際は、税金が2割加算されるとお考えください。


2.甥の方を養子とした場合

法定相続人は、甥御一人となり、基礎控除としては、6,000万円(5,000万円+1,000万円×1人)です。遺産総額が6,000万円を超えるような場合は、相続税の申告が必要となるでしょう。

相続税の2割加算については上記に同じです。一代飛ばしたことによる効果は大きいでしょう。

付け加えておきますと、生命保険金・退職金(会社から支払われるもの)が支払われる場合に、一定の金額までが非課税とされます。その一定の金額は、500万円×法定相続人数です。

したがって、通常両方使えればこの非課税が1,000万円となります。ご検討くださいますようお願い申し上げます。