投資ガイダンス
5.投資のリターンは『複利』が基本
                                                    

1年を超えるリターンを計算する場合には『単利』と『複利』の2つの考え方があり、その違いを理解しておくことが必要です。

『単利』方式は当初の投資元本に対して毎年一定額の収益を受け取るものとしてリターンを計算するのに対して、『複利』方式では受け取った収益を再び投資することにより得られる収益(孫収益)を含めてリターンを計算します。

日本では今まで『単利』のほうが一般的であり、『複利』の考え方には馴染みがないかもしれません。しかし、投資のリターンは『複利』で考えるのが基本であり、特に長期で運用する場合は再投資を考慮する『複利』の考え方がとても重要になります。


単利方式 複利方式
投資元本 毎年の収益
投資元本×リターン
投資元本 毎年の収益
投資元本×リターン
1年後 100(当初) 100×5.00%=5 100(当初) 100×4.78%=4.8
2年後 100 100×5.00%=5 100+4.8=104.8 104.8%×4.78%=5.0
3年後 100 100×5.00%=5 100+4.8+5.0=109.8 109.8%×4.78%=5.2
例えば、ある金融商品に投資して3年間で投資元本と収益の合計額が1.15倍になったとします。
この場合、リターン(年率)は『単利』方式が5.00%になるのに対して、『複利』方式では4.78%になります。

同じ運用結果でも『複利』方式ではリターンが小さい数字になります。しかし、同じ条件で運用を続けるとすると、『複利』では毎年得られる収益が増加しますので、運用期間が長期になると『単利』と『複利』では資産額の伸びに大きな差が生じてきますので『複利』の方が断然有利になります。