「協会けんぽ」が10月1日スタート
ー申請、届出先の変更に注意をー

 
              
                
      

 ◆周知不足が心配の「協会けんぽ」
  10月1日から政府管掌健康保険の運営が社会保険庁から切り離され、全国健
 康保険協会(以下 「協会」 という)に移されました。保険給付の内容は変わらない
 ということですが、今後は、「協会けんぽ」と呼ばれる新しい制度となります。被保険
 者の多くはまだご存じないと思いますので、基本的な点をお知らせしたいと思います。


 
◆健康保険の申請や届出はどこで行なうの?
  健康保険の申請や届出事務が協会の都道府県支部で行なうものと社会保険事務
 所で行なうものに分かれます。被保険者への周知をお願いします。
    

協会(支部)へ提出するもの 社会保険事務所に提出するもの
@健康保険の各種給付の申請書(傷病手
 当 金、出産手当金、療養費、高額療養費
  など)
A任意継続被保険者に関するもの(資格
  取得、住所変更など)
B被保険者証に関するもの(被保険者証
  の発行、再交付など)
C保健事業に関するもの(予防健診の申
  込みなど)
D貸付事業に関するもの(高額医療費、
  出産費の貸付など)
@事業所の届出に関するもの(新規適用、所在
  地 ・名称変更など)
A被保険者の資格に関するもの(資格取得・喪
  失届、被扶養者届、算定基礎届、月額変更届
  、賞与支払届など)
B事業所の保険料の納付に関するもの(口座振
  替の届出など)

※当分の間は、各都道府県の協会(支部)へ書類を提出する不便を避けるため、
  社会保険事務所に協会の臨時窓口を開いていますが、将来のことはまだ決ま
  っていません。

◆資格取得、喪失の届出は従来通りです
  協会けんぽへの加入(新規適用届、資格取得届)や保険料納付の手続きは、これ
 まで通り社会保険事務所で行ないます。賞与や標準報酬に関する届出(算定基礎届、
 月額変更届)も同様です。ただし、個人の名前で行なう各種給付の申請(傷病手当金
 の申請など)は協会の窓口に提出してください。
  健康診断や保健指導の申込みはこれまで社会保険健康事業財団支部で行ってい
 ましたが、10月以降は協会で行なうことになります。社会保険協会で行なっていた貸
 付事業も10月以降は協会で行なうことになります。
 


◆被保険者証の取扱いは変わります
  被保険者証の発行事務は協会が行ないます。資格取得届を社会保険事務所で受け
 付け、その情報が協会へ送付されてから発行ということになりますから、これまでのよ
 うに 「その場で即発行」ということはなくなります。協会から事業所へ被保険者証が送
 られてくるまで1週間ないし10日程度はかかると思われます。
  現在加入者がお待ちの被保険者証は、順次協会が発行する被保険者証に切り替え
 られます。それまでは引続き使用できますので事業所でも周知してください。10月1日
 以降の新規加入の方には新しい被保険者証が発行されています。


◆これから保険料はどうなる?
  協会けんぽの最大の関心事が保険料です。これまで全国一律の保険料率(現在は
 8.2%)でしたが、来年度からは地域の医療費を反映した料率が都道府県ごとに決め
 られることになります。厚生労働省の試算では最高の北海道が8.7%、最低の長野県
 が7.6%となったことが報道されました。地域格差が広がったり、健康保険事業に対す
 る国の役割、責任が低下しないよう望みたいと思います。