平成21年9月分から
厚生年金保険の保険料率が改定されます。

        
                                 
 平成16年の法律改正により、厚生年金保険の保険料率は、平成29年9月まで、
毎年、改定されることになっています。
 今回、改定された厚生年金保険の保険料率は「平成21年9月分(同年10月納付
分)から平成22年8月分(同年9月納付分)まで」の保険料を計算する際の基礎とな
ります。

   
(現行)
・一般の被保険者の方              ・・・15.350%
・日本たばこ産業株式会社の被保険者の方 ・・・15.550%
・旅客鉄道会社等の被保険者の方       ・・・15.690%
・農林漁業団体の事業所の被保険者の方  ・・・15.350%

   

                             
                         (平成21年9月〜) 
                      15.704%

 
(現行)
・坑内員・船員の被保険者の方        ・・・16.200%

                            
                       (平成21年9月〜)
                     16.448% 

 厚生年金基金に加入する方の厚生年金保険の保険料率は、上記の一般の被保険
者又は坑内員・船員の被保険者の区分に応じた保険料率から、基金ごとに定められ
ている免除保険料率(2.4%〜5.0%)を控除した率となり、次の範囲内で基金ごとに定
められています。



  


                                                         以上